50代 物忘れしていませんか?認知症の兆候?そろそろ本当に危ないかも

50代の物忘れ その原因とは?

50代の物忘れ・気づいた時には遅かった

 

年齢を重ねるごとに、物忘れがひどくなってきたと感じることはありませんか?

 

 

若い頃のちょっとした”ど忘れ”から始まり、50代くらいになる頃には
根深い物忘れになっていたと気づいた時には遅かった、と後悔する前に、
その原因を考えてみましょう。

 

 

50代物忘れ 原因はズバリ、コレ!

 

50代くらいの物忘れの原因はいくつかありますが、 ひとつは
血行が悪いことです。

 

 

50代ですと血管も老化していて、コレステロールもたまっていることが多いので、
血液がドロドロになっています。

 

 

このように血行が悪くなると、栄養や酸素が体内に行き渡らなくなり、
脳のはたらきが低下してしまうのです。
これが物忘れの一番の原因です。

 

50代 物忘れ

 

 

その他の原因

 

50代に限らず、物忘れの原因にはさまざまな種類があります。

 

 

  • 認知症、アルツハイマーなどの老化による病気が原因の物忘れ
  • うつ病や脳梗塞などの病気が原因の物忘れ
  • 妊娠や不眠などの身体の変化による物忘れ

 

 

などです。

 

 

50代くらいに起こる物忘れを放っておくと、アルツハイマーの原因になる
と言われています。

 

 

また、50代以降に発症しやすい認知症の原因も、
脳を使わないことによるものです。

 

 

生理的な物忘れと病的な物忘れ

 

50代くらいの物忘れは一般的に、 生理的な物忘れと病的な物忘れ
分類されます。

 

 

どういうことかというと、

 

 

生理的な物忘れ・・・昨日の夕飯に何を食べたか忘れてしまうようなもの

 

病的な物忘れ・・・夕飯を食べたことを忘れてしまうもの

 

 

50代 物忘れ

 

 

この病的な物忘れは認知症になる前兆であり、 脳を使わないことが
原因です。

 

 

50代くらいになると起こる健忘症

 

50代くらいになると起こる健忘症というのは、その文字の印象から、
健康な人が物忘れをすることだと思っている人も多いでしょうが、
本来は著しく物忘れをするという意味です。

 

 

つまり、健忘症は認知症や脳出血などの深刻な病気の原因である
と考えられています。

 

 

物忘れは、年齢のせいだと安易に考えずに、 日頃から脳を使うようにし、
血行が良くなる食生活を心がけましょう。