50代 物忘れしていませんか?認知症の兆候?そろそろ本当に危ないかも

50代の物忘れ 認知症との違い

50代くらいで物忘れが起こると、認知症なのではないかと疑いを持つことでしょう。

 

 

自分の老化を認めたくなかったり、家族に迷惑をかけたくないからと
自己判断で放置してしまうと、取り返しのつかないことにもなりかねません。

 

 

では、物忘れと認知症の違いはいったい何なのでしょうか。

 

 

50代の人が単なる物忘れをするのと、認知症との違いで一番分かりやすいのは、
出来事の一部を忘れるのか、出来事そのものを忘れてしまうのか
ということです。

 

 

50代 物忘れ

 

 

50代の物忘れと認知症との違いをわかりやすくご紹介しましょう。

 

 

「あの日の会議で発言したのは、誰だったかな?」と、誰が発言したのか、
もしくは発言した人の名前を忘れるのは、物忘れです。

 

 

しかし「そう言えば、会議はいつやるのかね?」と、会議そのものを忘れてしまうのは、
認知症の疑いがあります。

 

 

これが、50代の物忘れと認知症との違いです。

 

 

50代の人の認知症の症状を説明すると、自分の物忘れを自覚
していないのは、物忘れと認知症との違いです。

 

 

50代 物忘れ

 

 

さらに、最近のことは覚えていないのに、
大昔のことは覚えているというのも、50代の物忘れと認知症との違いです。

 

 

記憶というのは、毎日どんどん積み上げられていきます。

 

 

ということは必然的に、昔のことは忘れて、最近のことの方が鮮明に
覚えているのが自然なのです。

 

 

それが最近のことを覚えていないということは、最近になって、
記憶に障害が出てきたという証拠なのです。

 

 

一般的に、普通の物忘れの症状は進行しないというのが、
50代の認知症との違いですので、なるべく早い段階で専門家を
受診した方が良いでしょう。

 

 

自分で対処することができなくなり、介護が必要になるケースが多いため、
家族がいち早く気づいてあげることが重要です。

 

 

このように、50代の物忘れと認知症との違いは、さまざまな場面で垣間見えますので、
家族とのコミュニケーションを密にしてみんなで乗り越えていきましょう。